SSDでニュルの起動時間が!(゜Д゜)!!

iracing はSSDで何処まで速くなるのか!?

自分はいつもiracingをやっているPCにはSSDを使っているのですが、最近SSDの価格がとても安いので、仕事で使っている他のいくつかのPCもSSDにする事にしました。

SSDはハードディスクと比べると、PC自体の起動や、アプリケーションの起動&終了がとにかく速く、それに慣れてしまうとハードディスクのスピードがもどかしくてしょうがなくなります。

今回購入したのはこちら、BX200 CT240BX200SSD1

価格COMから検索して 1個7980円くらいでした。
http://kakaku.com/item/K0000826754/

現在OSが入っているハードディスクを丸ごとコピーするツールのプロダクトIDも付いているので、WEB上からそのソフトをダウンロードして簡単に使えます。(容量は240GBなので、私はOSと普段良く使うアプリだけをここに入れて他のデータなどはハードディスクに保管しています。)

そして、今回はHDDとSSDで全く同じ環境が作れると言う良い機会なので iracing のスピードがどのくらい違うのかという比較テストをしてみました ♪


起動時間はまったく違う!(゜Д゜)!! 

何よりも期待できてそして速くなっていてほしいのはiracing の起動時間。。。
iracingではコースを読み込む時間がとにかく長いので我々プレイヤーはいつも起動するまでの数分間を待っていなければいけませんが、これが短縮できれば一番ですね。

ということで、まずは・・・

昨日加藤さん達とバトルしたゾルダーを起動!
ハードディスクで起動してWEBのストップウォッチを起動しテストすると・・・

66秒という結果。

そして、SSD起動では?

速い! 47秒! 
その差20秒ですが、30%くらい短縮は早いです!

 

では、本題のニュルの起動時間をテスト!

 

長い起動時間です・・・

その差は・・・???

ハードディスク

SSD

なんと!
ハードディスク 4分13秒

SSD 3分19秒

ほぼ1分違います!

これは大きいですね~
なんと言ってもオフィシャルレースの時には絶対にSSDがいいですね。
やっている人は分かると思いますが、最近はレース時のニュルの起動が遅くてウォームアップや予選が走れなかったりと言ったトラブルもあると聞いています。

そうでなくとも何分も待たされる起動時間がこれだけ短縮されるんであれば大きなメリットですね!

 

FPSは変わらず

ついでに、FPSも変わったりするかなと思い計ってみましたが、こちらは変わらず。
すべてのデータはメモリーに読み込まれ、プレイ中はハードディスクへのアクセスはしないので関係ないのでしょうね。。。。

 

まとめ

SSDは本当に速くて良いです。
価格もずいぶん安くなってきましたのでまだ使っていない方は是非おすすめです!

価格COM http://kakaku.com/pc/ssd/
アマゾン SSD

カテゴリー: iracing日記, 技術サポート | コメントする

グラフィックボードの設定を変えてiracingを快適に!

最近重くて画面が滑らかに動かない!

最近様々なアップデートがあり、とても重くなってしまったiracing ですが、私も最初の頃(昨年9月~11月頃まで)遊んでいたウインドウズXPのPCでは重くなるどころか、もう起動しなくなってしまいました。(涙)

今はWin7で遊んでいるのですが、それでもいろいろと重くなってしまい、何よりも年末にリリースされたニュルブルクリンク(Nurburgring)のコースは起動時間も長く、また走っていると画面がカクついて滑らかに動かない! 仕方ないのでグラフィックの設定を落とし、グランドスタンドやオブジェクトを消したりして遊んでいました。

私の使っているグラフィックボードはトリプルモニターにするために買った GeForce GTX 960 シリーズでまあまあ速い方なのですが、それでもこんな状況ですから、さらにスペックの低いものを使っている人は大変そうです。。。汗

みんな、色々な方法を試しているようで、結構苦労しているみたい。。

 

劇的に改善する方法があった!

しかし! 今回こんな記事と出会いこの症状が劇的に改善しました。

AVA GTX600、GTX700シリーズの性能を引き出す方法と設定

こちら → http://nukkato.com/turn-off-gpu-boost/

これは、主にGTX680やGTX780シリーズあたりのグラボの性能向上に役立つと書いてありましたが、私のGTX 960でも効果ありでした。

試したのは 最初の 「NVIDIAコントロールパネルの設定」 と その次の 「PC本体の電源パフォーマンス」だけですが、「NVIDIAコントロールパネルの設定」をしたら、それまで、カクついていたニュルブルクリンク北コースのピット出口付近や、グランプリコースのストレート付近 (最終コーナー、1コーナー、 1コーナー立ち上がり、その先も)が滑らかに、走っていてまったく気にならなくなりました。
今まで消していた、グランドスタンドなど、オブジェクト関係も表示させても大丈夫!♪

何故かFPSは下がりますが・・・

iracing のオプション設定で画面上に表示させることが出来るFPS(フレームレート)ですが、これを見ていると、どうもこの設定をすると逆にFPSが平均で10くらい下がってしまいます。ただ、カクつきが直っている事に間違いはないので、ここは気にしない事にしました。(そもそもカクカクしている時点で、フレームレートが表示上の1秒間に30以上出ているはずが無い!)

 

その他の設定は試していません

「PC本体の電源パフォーマンス」は変えてみましたが、特に変化を体感できなかったのと、もう特に不便を感じていないので、このサイトに書いてあるそれ以降のセッティングは試しておりません。

 

表示が重たい、カクついて気になる! という方は是非これだけでも試してみてください!

 


 

引用
(元サイトが消えてしまった時の為の引用です http://nukkato.com/turn-off-gpu-boost/)

NVIDIAコントロールパネルの設定

1、デスクトップを右クリック→NVIDIA コントロールパネルを開く

2、3D設定→3D設定の管理→グローバル設定(プログラム設定でAVAを指定してもいい)
nvidia_3d
パフォーマンス重視の設定です。青線を引いたところは重要な項目なので、必ず確認しましょう。

特にGTX680以上(GTX690,GTX770,GTX780 etc)のビデオカードを使っている人は、電源管理モードをパフォーマンス最大化にするだけで、AVAを含むDX9対応ゲームのFPSがかなり安定します。

これを設定することで、下に書いている「可変クロック無効化設定」をしなくても、十分なパフォーマンスが出ます。フレーム安定化も入れればほぼFPS200張り付き状態。

また、レンダリング前最大フレーム数を1、垂直同期をオフにすることで遅延を小さくすることができます。ただし、レンダリング前最大フレームを1にすると重くなるので、スペックに自信がない人はしなくていいです。

カテゴリー: iracing日記, 技術サポート | コメントする

ユーノスをクリスマスカラーにしてみた

 

 

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

つ、ついにライセンスグレードが上がった!(゜Д゜)!!

ようやくライセンスのグレードがひとつ上がりました (涙)

ライセンスグレードがDに昇格!

ついにライセンスグレードがDに昇格!

 

ライセンスグレードとは?

本格的レーシングシミュレーターの iracing ではオンラインで他のプレイヤー達とレースをする事ができますが、ここで結構大事なのがライセンスのグレードとポイントです。

これは、オンラインのレースが一生懸命本当のレースの駆け引きや走りを学んでいる人達にとって迷惑な ”馬鹿みたいなぶつけ合い” や、”面白半分”、”憂さ晴らし” と言った荒れた場になってしまう事を防ぐためで、公式レースなどで、コースからはみ出したり、他の車とぶつかったり、スピンしたりするとポイントが落ち、その反対にそういった事が少なく走り続けるとポイントが加算されて上がって行くシステムです。

 

ライセンスグレードの影響

そしてそのライセンスのグレードは公式に開催されている様々なレースでの参加資格となるため、その影響はとても大きく、上がることもあれば、下がることもあるので、プレイヤーたちは皆それを気にして走っています。

 

ルーキーライセンスからのスタート

全てのプレイヤーは加入後「ルーキー」というライセンスグレードからスタートするのですが、私はこのルーキーライセンスからなかなか上がる事ができませんでした。

ルーキーライセンスのままだと何が問題かと言うと、出場できるオフィシャルレースの種類がごく僅かなものに限られてしまうのです。

オフィシャルレースとは何かと言うと、iracing 自体が運営するレースで、種類は約30~40くらい、レースによっても違いますが、だいたい1時間から3時間に1回行われているオンラインレースです。

ここに世界中から猛者たちが集まり、日々オンラインレースが繰り広げられているのですが、ルーキーライセンスで出場する事ができるレースは5種類前後、しかもそこに集まるメンバーたちはだいたいルーキーばかりなので、レース中に平気でぶつけてきたりと結構マナーが悪かったりするので、それが更に自分のライセンスのポイントも下げてしまう要因にもなって悪循環。 なかなかそこからは抜け出せないのです。

 

ライセンスグレードの上げ方

ライセンスを上げるために何をすればいいのか? 普通だったらレースゲームなので、良い結果を出すことですが、このシミュレーションゲームではそうではありません。
グレードを上げる方法はオフィシャルレースにてコースからはみ出す脱輪や接触、コースアウト、スピンと言ったインシデントをできる限り少なくして、多くの周回数をこなすことなのです。

特にレース結果は関係なさそうなので、これって結構簡単? と思うのですが、これがなかなかどうして、そうそう簡単でもないのです。

まずなんと言ってもコースからはみ出す脱輪。 これは通常のレースだったら、このくらいコースの外を使っても問題ないだろう とか、攻めた結果少し芝生の上を走ってしまうことなどもありますが、ここでは、それはNG。
結構その判定が厳しく、レース中ちょっとしたアンダーステアなどでコースをはみ出してしまうと、このペナルティーをひとつ食らってしまうのです。。。
更にこのインシデントが17個たまると、その時点で黒旗が出てゲームオーバー。レースを最後まで走ることすら許されません。。

だいたいひとつのレース時間は20分前後なのですが、この20分間の間接触もコースオフも、脱輪もなにもしないで走ると言うことは結構難しいのです。

方法はただひとつ、気をつけて気をつけてそして気をつけて走り続ける事です。。

これは、もう本当に神経が擦り減って疲れる作業、特にそれまでなにも問題なく走っているレースの最後数ラップなどは手に汗、汗、汗。。。

ホント、ド緊張なのです。。(;´Д`)

 

ついにルーキーからの脱却! ライセンスグレードがDに!

そして、ついにその時が来ました。。。涙

ライセンスが、ルーキーから D に昇格したのです!!!

画面にはこんなメッセージが~

ライセンスグレードがDに昇格!

嬉しい~

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

バリチェロがキャデラックカップに出ている。

バリチェリロがキャデラックカップで予選を走っている・・・

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

TCRジャパンの車がクラス優勝!

いつも、この iracing でお世話になっている加藤彰彬選手が代表を務める、レーシングチームTCR(ティー・シー・コルセ)から昨日筑波サーキットで行われたユーノスのパーティーレースでシリーズチャンピオンが誕生した模様!

\(*^o^)/\(^-^*)/♪祝 v(^O^)v 祝♪

レースはTCRの堤 優威選手がラスト3周でトップに立ち逆転チャンピオンだったそうです ♪

この日TCRからエントリーしたユーノスはなんと12台!
加藤選手にとっても大変一日でした。。

お疲れ様でした~

株式会社TCRフェイスブックページ

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

ラグナセカにバリチェロ現る!

バリチェロが走ってる!

ラグナセカ、コルクスクリューを駆け下りる元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロ

ラグナセカのコルクスクリューを駆け下りる元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロ

加藤選手から突然メッセンジャーで連絡があった。

どうやら、あの元F1ドライバーでフェラーリでも黄金時代のシューマッハのチームメートでもあった、ブラジル人ドライバー、ルーベンス・バリチェロがオフィシャルレースのマツダ・カップに出場して走っているらしい! (゜Д゜)!!

早速自分も検索して、バリチェロが走るレースを観戦しようとするが、部屋がいっぱいで入れない・・・ 残念。。。(;´Д`)

みんな見てるのね・・・(-。-;)y-

でも、後で加藤選手にレースのリプレイデータを送ってもらいました。

レースは、最初はトップを快走していたものの、途中抜かれてしまって2位でゴールした模様。。。

う~ん、レベル高いぞ iracing 。。。。

 

iracing内で実名で走る有名ドライバーたち

iracing では、オンラインでレースをするにあたって、どれだけプレイヤーのマナーを良くできるかという工夫を多々行っているがそのひとつがこの実名登録。
基本クレジットカードの名義がそのまま登録されるため、実名で登録される可能性がとても高い。(親や家族のクレジットカードを使う場合も多いとは思いますが)

日本人は少ないのですが、メンバーサイト内で検索すると結構有名なドライバー達が登録しているのが分かり面白いのです。 (^^;;

 

ドライビングも見れちゃいます

観戦者として、レースを見たり、リプレイ動画では様々な視点からレースを観戦する事ができますが、ドライバーの視点でも出来るので、ドライビングのお勉強にはもってこいです。

コルク・スクリューに進入するバリチェロ

バリチェロのコクピット 加藤選手からは、「このターンインはバリチェロ! 間違いない!」と太鼓判。

 

どうやら、最後はエンジンブローでペースダウンした模様。 それでも走りきって2位だったのか!?

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

みんな初めてのフェニックスのロードコースでレース

 

昨日はオンラインで4人集まって、何処か加藤さんも走ったことないコースで走ろうという話になり、みんなでフェニックスのロードコースを走ることに。。。
車は一番難しい インディー2011。

初めて走るコースはいつもワクワクしますが、みんなコースを知らないので、レースの設定は以下の通り。
公式練習 70分
予選 30分
決勝 10周
という、ちょっと長めの練習&予選の設定でスタート!

さ、いくぞー!

初めて走るコースはいつも緊張する ~(~Q~;)

そして公式練習スタート! 

その模様がこちら・・・↓

。。。(-。-;)y-
ご覧の通り、もう正直誰もまともに走れません。。

なんだこれ・・・

ぜんぜんグリップしません。。このコース。。。  ┐(-。-;)┌

これでレースできるのだろうか。。。と不安になる

 

しかしっ! そこは腕に自信のある皆さん。

予選までにはきっちりとまとめて来るはず。

そして、3人の予選結果は??? ↓

こちらが、タイムアタックのタップ、 H氏、私、加藤選手の順です。

予選結果は・・・

H氏 51.169秒
私  50.816秒
加藤氏 50.468秒

またしても加藤氏がポールで1番。 (゜Д゜)!!

やっぱり速い、加藤選手。。。

そして、私はまた負けたのでした。。。。。(-。-;)y-

 

さあ!決勝はどうなるか!?

決勝はスタンディングスタート。 ここからS氏も参加して4人で決勝レースがはじりました。

その模様がこちら。。

 

とまあ、私は少しは加藤選手とバトルするものの、まだまともに走れず、この通りスピンして終わってしまいました。。。

トホホ。。。

順位は
1位 加藤選手
2位 H選手
3位 私
4位 S氏(完走したのかな???)

という事で、まだレースが出来るほどコースには慣れておりませんでした・・・

そして、何よりもこの インディー2011の車 ダラーラは運転していてとてもスピード感があって、面白く興奮するのですが、とにかく運転が難しく、アクセルもブレーキも正しく踏まないと直ぐにスピンしてしまいます。

もっと簡単な車はあるのですが、でもついついこれを選んじゃうんですよね
・・(^^;;

ちなみに今回のレースのお気に入り場面はここ

加藤選手に抜かれた後、なんとか追いついて1コーナーで抜き返すが、直ぐに押し出されて、また抜かれる。。。

。。。(-。-;)y-

 

さあ、もっと練習して、次は頑張るなり!

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

ウエイトハンデ戦スタート!

初のウエイトハンデ戦をスタート!

さあ、今日は先日準備を進めてきた初のウエイトハンデ戦です。
(o^v^o)

4人の経験、そして実力が違うので、4人各々が異なるウエイトを積んだ別々の車種に乗ってレースします。
これで、皆がトップ争いを出来る楽しいレースができるかも!?

そして、公式練習、予選開始です。

で、結果は

1位 I氏  1:57.415
白地に青のユーノス
2位 私  1:57.465
白地にピンクのツートンのポンティアック
3位 加藤選手 1:58.558
白地にグレーのポンティアック
4位 S氏 1:59.142
黄色・青・オレンジのユーノス

ん~ ちょっと加藤選手はハンデが厳しい気もしますが、練習もほとんど参加しなかったので、まあ、決勝では速くなるはず。
とりあえず、こんなもんで一回レースをして様子を見ていいのではないでしょうか?

というか、私とI氏の差は 100分の5秒!
うーーん悔しい。。 (~Q~;)

ここはいい感じです。

 

そして、8周のレースがスタート! ↓

結果はこんな感じでした。
さて、みんな楽しめたでしょうか????

まあ、加藤選手のストレートが遅すぎることは置いておいて、ハンデ的にはありな感じでしたが、最初は接線で楽しかったものの、やはりまだI氏とS氏はあまり練習が出来ず走りこんでいないため、どうしてもスピンやコースアウトがあり、最後までバトルをする所まで行っておりません。。

お二人にはもうちょっと練習していただいて、バトルしながらも、コース上に留まって、ぶつからずクリーンなレースで抜きつ抜かれつを楽しめるようになっていただかなければ。。。。

 

そして、私にとってやはり悔やまれるのは・・・

なんと言っても最終ラップのこのシーン。。
(;´Д`) (涙)↓


私がトップを走っていて、1秒後ろに加藤選手。 そして、前には周回遅れのS氏のユーノスという状況で、スピンしてコースオフしてコースを横切るS氏を避けきれずクラッシュ! という最悪の結果を招いてしてしまいました。。。
本当のレースだったら、レーシングドライバーとしては失格。 完全に2流、3流のドライバーです。
。(´ρ`)。

本来は前を走るS氏のリヤが滑ってスピン状態になっているのは1秒以上前には分かっているのですから、あらゆる状況を予測して準備。 後ろの加藤選手をブロックしながら、どちらにも避けられる場所で減速して抜け道を探してクリアすべきだったのです。

そして、もしそこを上手く加藤選手がすり抜けて、抜いて行った場合でも、直ぐに次のコーナーで脱出速度が最も速いラインを準備するという、一手先を読むレースの組み立てをすべきでしたが、それが出来きませんでした。。(;´Д`)

そう、「何とかこのポジションをキープしてゴールするぞ!」 と焦って減速もせず、一か八かでアクセルを踏んでいく。
こんなドライバーは荒れたレースやシーズンを通したシリーズで結果を残すことは不可能でプロのドライバーとしては失格です。
直ぐにクビでしょう。。(苦笑)

そして、もしその結果が2位でも手堅くゴールして、ポイントをゲットして満足する。
そんなドライバーがシリーズチャンピオンになって上のクラスへステップアップしていく良いドライバーなのです。。

この iracing はプレステなどのゲームとは違って、そういった実際のレースと同じプロセスを学び楽しむものであって、ラフなレースをしたり、ぶつけてでも抜いて前に行ったり、ブロックしたりして楽しむためのものではないそうです。 (ぶつかったり、コースオフ、クラッシュをするとペナルティーが科せられ、累積していき、ライセンスグレードが下がって出れるオフィシャルレースが減ってしまいます。)
そして私もそこがこの iracing の最大の魅力であり、そこに最大の重点を置いて開発運営されている事がとても魅力的なのだと思います。

 

なので今回自分はそんな正しい判断、行動が出来ず大変後悔。。。

でも、まあ大変良い学習になりました。。

って別にレーサー目指してる訳ではありませんが! (笑)

おしまい  m(__)m

カテゴリー: iracing日記 | コメントする

ウエイトハンデのテストで加藤選手と模擬レース!

今日の朝は加藤選手とウエイトハンデのテスト走行で模擬レース

最近iracingを始めたI氏とS氏と4人でなんとか楽しいバトルレースができなかと思っているのですが、iracingは何故か一人のテストではウエイトハンデを積めるのに、誰かがホストになって開催するレースなどではそれが出来ません。

唯一出来るは、車種ごとにウエイトハンデを最初からつけてしまうこと。

・・・・

だったら、4人違う車に乗って、それぞれ適切なウエイトを積めばいいんだ!

という事に気が付いて、今回はそのテストです。

4人が使用する車は
1、ユーノスロードスター 右ハンドル  I氏
2、ユーノスロードスター 左ハンドル  S氏
3、ポンティアック ソルスティス       加藤選手
4、ポンティアック ソルスティス・ルーキー  私

で、恐らく 同じ車に乗ったときの今のところのタイム差は以下の通りなので、

1、加藤選手 0
2、私 1秒
3、I氏 3秒
4、S氏 4~6秒

各車種に適当なウエイトハンデを割り当てていきます、こんな感じで・・

今朝は私と加藤選手しか参加できなかったので、とりあえず、この設定でテストをスタートしたのですが、バラバラに走っていてもイマイチその差に確信が持てないので、二人で模擬レースをしてみることに!

それがこちらの動画でございます。
レースはローリングスタート

結果は結構いい感じ! おもしろい!
私は途中ひどいミスを犯しぶつけてしまい、アライメントが狂って最後は遅くなってしまったのですが・・・

あとは I氏とS氏が参加して、どんなレースになるか!!!
(o^v^o) お楽しみです~♪

カテゴリー: iracing日記 | コメントする